「スケール」とは?意味や使い方を解説!

「スケール」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「スケール」について解説します。

目次

  1. スケール
  2. スケールの意味とは
  3. スケールを使った文章・例文

スケール

皆さんは、「スケール(scale)」という言葉をご存知でしょうか。
「スケールの大きい仕事がしたい」など、よく言っている人を見かけたことのある方も多いと思います。

この記事では、「スケール」の意味を解説させていただきます。

スケールの意味とは

「スケール(scale)」とは、「物事の大きさの程度、規模」「物差し」「目盛り」という意味です。
スケールとは様々な意味で使われていますが、よく使われるのは大きさや規模という意味です。規模の大きな仕事を任されたいなど、「スケールの大きいことがしたい」と考えたり言葉にする方も多いと思います。
また、スケールとは物差しや目盛りのことを言います。しかし、こちらの意味で使われることはあまりありません。
英語圏では、「ウェイトスケール」や「キッチンスケール」という言葉で使われることが多く、それぞれ大匙小匙などを測る計量スプーンや測りという意味ですが、日本語においてのスケールはほとんどが物事の大きさの程度や規模について指しています。
写真や絵画など、複数の物体が並んだ画像に対して「スケール感」という言葉を使うことがあります。これは、人物同士の縮尺が狂って見えるなど、画面に映る情報の中でも大きさについての違和感などを指して使われる言葉の多い言葉です。

スケールを使った文章・例文

ここで、「スケール(scale)」を使った例文をご紹介します。

1.男に生まれたからには、スケールの大きい仕事がしたい。
2.この写真はスケール感がおかしいように見える。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ