「チューター」とは?意味や使い方を解説!

「チューター」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「チューター」について解説します。

目次

  1. チューター
  2. チューターの意味とは
  3. チューターを使った文章・例文

チューター

皆さんは、「チューター(tutor)」という言葉をご存知でしょうか。
チューター制度などの言葉で定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「チューター」の意味を解説させていただきます。

チューターの意味とは

「チューター(tutor)」とは、「個人指導の教師」「講習会や研修会の講師」という意味です。
アメリカでは家庭教師や学習塾などの講師もチューターに含まれます。
かつてイギリスのケンブリッジ大学では、学部生の教育を講師と学生の1対1で行いました。この指導を「チュートリアル(tutorial)」と呼びました。日本国内では1990年代からイギリスのこの個人指導制度を輸入し、正式に賃金を払ってその役職を与えるなどの整備が始まっています。日本においては、「メンター制度」と呼ばれることもありますが、意味はほとんど変わりません。
チューター制度は指導する側と教わる側が1対1になるので、より密接な関係を持ち効果的な指導ができるというメリットがあります。また、チューターとなった人の成長にもつながっていくので、チューター制度を採用する企業や学習塾が増えています。

チューターを使った文章・例文

ここで、「チューター(tutor)」を使った例文をご紹介します。

1.チューター制度は良いことだと思うけど、講師とソリが合わなかったらどうしよう。
2.1対1で話せるチューター制度は便利だけど、講師側の負担も大きいから心配だ。
3.対話が苦手なので、チューター制度の無い塾に通いたい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ