「笑止千万」とは?意味や使い方を解説!

「笑止千万」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「笑止千万」について解説します。

目次

  1. 笑止千万
  2. 笑止千万の意味とは
  3. 笑止千万を使った文章・例文

笑止千万

皆さんは「笑止千万(しょうしせんばん)」という四字熟語をご存知でしょうか。
日常ではあまり使わない言葉ですが、基本的には相手を馬鹿にする言葉です。使いどころには気をつけましょう。

今回は「笑止千万」という言葉について詳しく解説します。

笑止千万の意味とは

笑止千万とは「非常にばかばかしいこと。おかしいこと。」「いかにも気の毒である」という意味の四字熟語です。
読み方は「しょうしせんばん」です。

「ばかばかしい」という意味からも分かる通り、対象を嘲笑するような意味でしか使いません。
二つ目の意味にしても、やはり相手の不幸をあざ笑うような使い方になります。

「笑止」という言葉は、もともとは「勝事」と書いてしょうしと読んでいたようです。
「勝事」の意味は「あまり見られないくらい素晴らしいこと」「異常な出来事」だったようですが、だんだんと「笑えること、おかしいこと」の意味がついてくるようになりました。
この意味に引っ張られて、「笑止」という当て字が生まれたようです。

「千万」は、この上なくその程度が高いことを強調する言葉です。
甚だしく決めごとや物事の道理に従わない相手を「不届き千万」と言ったり、著しく迷惑をかけられることを「迷惑千万」と言ったりします。
接尾語として使われると、比較的悪い意味での強調に使われることが多い言葉です。
しかし「準備は千万整っております」などの副詞的な使用例からも分かる通り、本来は良い悪いに関係ない言葉です。

笑止千万を使った文章・例文

  1. あなたの成績で難関大学を目指すなんて、笑止千万だ。
  2. この企画書が通ると思っているなら笑止千万というほかない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ