「東京特許許可局」とは?意味や使い方を解説!

「東京特許許可局」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「東京特許許可局」について解説します。

目次

  1. 東京特許許可局
  2. 東京特許許可局の意味とは
  3. 東京特許許可局を使った文章・例文

東京特許許可局

皆さんは、「東京特許許可局(とうきょうとっきょきょかきょく)」という言葉をご存知でしょうか。
日本の代表的な早口言葉の一つなので、聞いたことのある方や言ったことのある方も多いと思います。

この記事では、「東京特許許可局」の意味を解説させていただきます。

東京特許許可局の意味とは

「東京特許許可局(とうきょうとっきょきょかきょく)」とは、「早口言葉の一つ」です。
東京特許許可局はあくまで早口言葉です。東京特許許可局は実在せず、実際に特許をに関する行政を行うのは「特許庁」という場所です。早口言葉として非常に親しまれているので、実在すると思っている方も少なくありませんが、実在するのは特許庁なので、間違えないように注意しましょう。

また、特許庁は前身として「特許局(とっきょきょく)」という名前でした。特許局は1887年に決められた名前で、1949年に特許庁という名前に変わりました。
特許庁の歴史は古く、発端は1884年の「商標登録所」でした。1885年には専売特許条例が公布され、それに合わせて「専売特許所」が設置されました。このように何度も名前が変わっている特許庁ですが、現在までに東京特許許可局という名前になったことはありません。

東京特許許可局を使った文章・例文

ここで、「東京特許許可局(とうきょうとっきょきょかきょく)」を使った例文をご紹介します。

1.ねえ、東京特許許可局って早口で3回言ってみてよ。
2.東京特許許可局が実在しないなんて初めて知ったよ。
3.東京特許許可局ではなく、特許庁が正しい名前だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ