「マッシブ」とは?意味や使い方を解説!

「マッシブ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「マッシブ」について解説します。

目次

  1. マッシブ
  2. マッシブの意味とは
  3. マッシブの使い方・例文

マッシブ

皆さんは「マッシブ」という言葉をご存知でしょうか。

「マッチョ」みたいな意味かな?と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

間違いではないのですが、「マッシブ」は「筋肉もりもりな人」だけをさす言葉ではありません。
この機会に、正しい意味を覚えておきましょう。

今回は「マッシブ」という言葉について詳しく解説します。

マッシブの意味とは

マッシブとは「大きく、重量感がある様子。いかつくてどっしりした様子」という意味です。
英語では「massive」と綴ります。

「マッシブな体型」と言うと、「筋肉質でいかつい体型」という意味になります。
同じように筋肉質である様子を「マッチョ」と言ったりするので、語感なども似ていることから混同されやすいですが、「マッシブ」はもう少し意味の広い言葉です。

「マッシブ」は、どっしりした重厚感の感じられる物全般に対して使うことができる言葉です。
立体物はもちろん、音楽などに対しても使うことができます。

「massive」は、主にイギリスでは「large」や「big」の代わりとして用いられるスラングでもあります。
同じようなスラングとして使う言葉に「huge」があります。

hugeは「とても大きい」という意味ですが、massiveは「超すごい!」というような感嘆の思いを込めた意味になります。

マッシブの使い方・例文

  1. この作家の彫刻は、どの作品もマッシブな造形がたまらなく魅力的だ。
  2. デザインにマッシブさを取り入れることで、見る人にどっしりした威圧感を与えることができる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ