「パワハラ」とは?意味や使い方を解説!

「パワハラ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「パワハラ」について解説します。

目次

  1. パワハラ
  2. パワハラの意味とは
  3. パワハラを使った文章・例文

パワハラ

皆さんは「パワハラ」の現場に出くわしたことがありますか?

立場や権力の違いを利用して行われるパワハラ。逆らえない状況を作るという点が悪質で、できれば遭いたくないものです。

今回は「パワハラ」という言葉について詳しく解説します。

パワハラの意味とは

パワハラとは「パワーハラスメントの略。上司や社長などの社会的地位のある者が、自らの権力や立場を利用して嫌がらせをすること」という意味です。

パワーハラスメントの「パワー(power)」は「力」ですが、この場合は「権力」のことをいいます。「ハラスメント(harassement)」は「嫌がらせ」という意味です。

具体的には、上司などの強い立場の者が、下の立場の者に対して「自分の言うことを聞かなければ首にする・減給する・降格する」などと脅して思い通りにしようとしたり、気に入らない者に対して難癖をつけたりしていじめを行うといった行為が当てはまります。
パワハラを受けた相手は、逆らうと損失が激しいので、なかなかやり返すことができません。部署や職場を代わるなど、相手の権力が届かないところまで逃げてからでないと、どうどうと反旗を翻すことは難しいでしょう。

「ハラスメント」が付く言葉は、昨今多くの種類が生まれています。
代表的なのは「性的嫌がらせ」という意味の「セクシャルハラスメント(セクハラ)」です。
他にも、妊娠していることを理由に嫌がらせを受ける「マタニティハラスメント(マタハラ)」、飲み会などの席で飲酒を強要されたり酔いを言い訳に迷惑行為をされる「アルコールハラスメント(アルハラ)」などがあります。

パワハラを使った文章・例文

  1. 私の同期が、先輩からのいじめをパワハラだとして人事部に訴えた。
  2. パワハラがある職場には、閉塞的な空気を感じる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ