「ガバナンス」とは?意味や使い方を解説!

「ガバナンス」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ガバナンス」について解説します。

目次

  1. ガバナンス
  2. ガバナンスの意味とは
  3. ガバナンスを使った文章・例文

ガバナンス

皆さんは「ガバナンス」という言葉をご存知でしょうか。
ビジネスの現場でよく聞く言葉なので、一般の人たちにはなじみの少ない言葉ですね。

今回は「ガバナンス」という言葉について詳しく解説します。

ガバナンスの意味とは

ガバナンスとは、「統治。または、統治のためのプロセス」という意味です。
英語では「governance」と綴ります。

ビジネスシーンでよく聞く言葉に「コーポレートガバナンス」というものがあります。これは「企業統治」という意味で、その企業をどのように管理して統治していくかという指針です。
この言葉が示すものは、企業活動の公正性や内部の規範などはもちろんですが、企業と株主の関係性を指すこともあります。
株主の得る利益をより大きいものとするため、企業には明確なコーポレートガバナンスを求められることが多くなっているようです。

よく似た言葉に「ガバメント(government)」があります。
これも「統治」という意味ですが、もう一つの意味は「政治、政府」です。
その意味が示す通り、「ガバメント」は政府が下の人々を法的に拘束する力によって行う統治のことです。
一方「ガバナンス」は、その集団に所属している人たち本人が主体的に行う統治を指します。このガバナンスの内容次第でその集団の質が量られるほど重要なものだといえます。

ガバナンスを使った文章・例文

  1. わが社のコーポレートガバナンスに従って、管理体制を整えよう。
  2. 投資する先を選ぶときは、そのガバナンスに注目することがポイントだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ