「嘆かわしい」とは?意味や使い方を解説!

「嘆かわしい」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「嘆かわしい」について解説します。

目次

  1. 嘆かわしい
  2. 嘆かわしいの意味とは
  3. 嘆かわしいの使い方・例文

嘆かわしい

嘆かわしい(なげかわしい)」という言葉は日常生活でも使うことがありますし、テレビなどで目にすることも多い言葉ですね。

「嘆かわしい」はよく使う言葉ながら、その正しい意味を知っている人は意外に少ない言葉でもあります。正しく知って使いたいところですね。

この記事では「嘆かわしい」の意味や使い方、例文などを解説します。

嘆かわしいの意味とは


「嘆かわしい」の読み方は「なげかわしい」です。

「嘆かわしい」の意味は「悲しい、情けないと感じる」です。「昨今の風潮が嘆かわしい」「嘆かわしい事件が起きた」など、望ましくないことに対して残念がる気持ちを表現する言葉ですね。

「嘆かわしい」を使う状況では、他人のことや世の中のことなど、自分以外の事柄に使うことが多いです。

例えば、「今回彼が起こしたヒューマンエラーは嘆かわしいミスだ」とは言っても、「嘆かわしいミスを起こしてしまった」とはあまり言いません。

少し事態から距離を置いた第三者的な視点から見て使う機会が多い言葉です。

嘆かわしいの使い方・例文

  1. 今年に入ってから嘆かわしい事件が続いている。こんな事件が起きることを防ぐには、いったい私たちはどのような取り組みをしていけばよいのだろうか。
  2. 電車の中で化粧することが当たり前になってきているようだ。こんな嘆かわしい風潮になってきたのは誰のせいだと言うのだろうか。
  3. あそこで彼が凡ミスをしていなければうちのチームが甲子園に出場していたのにな。本当に嘆かわしいことだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ