「執念」とは?意味や使い方を解説!

「執念」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「執念」について解説します。

目次

  1. 執念
  2. 執念の意味とは
  3. 執念の使い方・例文

執念

執念(しゅうねん)」という言葉は、「執念を持つ」「執念を燃やす」など形でよく耳にする言葉ですね。

日常生活の中でも使われる言葉なのでなじみのある人も多いのではないでしょうか。

「執念」はよく使われる言葉ですから、この機会に正確な意味を知っておいてくださいね。

この記事では「執念」の意味や使い方などを解説します。

執念の意味とは

「執念」の読み方は「しゅうねん」です。

「執念」の意味は「特定の一つのことをとことん思いつめる心」です。対象はなんでもいいですが、一つのことに向かっていく姿勢のことを表しています。

「執念」がないと簡単にあきらめることにつながってしまうので、成功するための一つの秘訣とも言えますね。成功したスポーツ選手などは、自分の技術や実力の向上に執念を持っていると思います。

この場合の「執念」はいい意味ですね。時には「執念」はあきらめの悪さなどを連想させ悪い意味で使われることもあります。

いい意味か悪い意味かは使う人や文脈によって変わってきます。

執念の使い方・例文

  1. 彼は有名高校の出身ではないが、プロ野球選手になるという執念を持つことで厳しい練習にも耐え抜くことができた。それが、今の彼の成功につながっているのだろう。
  2. 普通は気にならないようなことに執念を燃やすタイプの人が、ニッチな分野でプロフェッショナルになっていくのはよくあることだ。
  3. 現代では、あきらめの良さもビジネスで成功するための大事な条件だと言われているが、やっぱり私は執念を持つことも大事だと考えている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ