「稚拙」とは?意味や使い方を解説!

「稚拙」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「稚拙」について解説します。

目次

  1. 稚拙
  2. 稚拙の意味とは
  3. 稚拙を使った文章・例文

稚拙

稚拙(ちせつ)」という言葉は、日常会話の中でもビジネスの場面でも使う機会の多い言葉ですね。「稚拙な文章」などの表現を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。

「稚拙」はよく聞く言葉ながら、その意味や使い方、含まれるニュアンスは勘違いされていることがあります。頻繁に使うので正しい意味を知っておきたいですね。

この記事では「稚拙」の意味や使い方、例文などを解説します。

稚拙の意味とは

「稚拙」の読み方は「ちせつ」です。

「稚拙」の意味は「未熟で幼稚な様子」です。「稚拙」は幅広く使われる言葉なので、よく聞く「稚拙な文章」などの表現で使われるほかにも、スポーツの場面において「稚拙なプレー」などと使われることもありますよ。

未熟という意味が含まれていますが、本来は相手に対する悪意が込められている言葉ではありません。しかし、最近は少々違う使い方もされているので文脈から考える必要がありますね。

また、「稚拙美」という表現もあります。これは幼稚だけれども素朴さや純粋さがあって美しいことを表した言葉です。

稚拙を使った文章・例文

  1. 稚拙なものと聞くと、すぐに悪いものと考える人がいる。しかし、稚拙美という言葉があるように、たとえ未熟でも素朴さや純粋さを含んでいるものもあるのを知っておいた方がいい。
  2. 取引先に対してこんな稚拙な文章を送ったのでは、我が社の品位が下がってしまう。発送する前に必ず私に見せるようにしなさい。
  3. 彼は稚拙な男だから、人前での正しい振舞い方を全く身につけていない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ