「アサイン」とは?意味や使い方します!

「アサイン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アサイン」について解説します。

目次

  1. アサイン
  2. アサインの意味とは
  3. アサインの使い方・例文

アサイン

アサイン」という言葉について解説します。

皆さんはアサインという言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

割と最近使われ始めた言葉かと思いますが、ビジネスシーンや、ITやネット環境の話題などで見かけたことがあるという方が多いかもしれませんし、初耳だと言う方ももちろんいらっしゃると思います。

ここではそんな「アサイン」について、意味や使い方などを紹介していきますので、一緒に整理してみましょう。

ぜひ最後までご覧になってみてください。

アサインの意味とは

アサイン(英:assign)とは「割り当てる、任命する、指定する」といった意味を持つ言葉となります。

ビジネスシーンでは「この仕事はOOさんをアサインさせて」といった感じで使われ、人材を割り当てる、任命するといったニュアンスで使われることが多いようです。

とにかく、「アサインして」といった場合「割り当て、担当、指定みたいなことをする」んだなということになります。

またIT、パソコン関連でよく出てくるアサインは、キーアサインというものがあります。

これはF1キーに特定の作業(コピー)などを指定することを指しています。

「AにBをアサイン」というと「AにBの役割を担当させる」ということになります。

アサインの使い方・例文

  • 誰をどこにアサインするかは大事だよ。と部長が覚えたばかりの言葉を連発。
  • 来月から、行き詰りつつある事業部にアサインされたのが憂鬱で仕方がない。
  • 通常F5キーには再読み込みの機能がアサインされている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ