「同音異義語」とは?意味や使い方を解説!

「同音異義語」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「同音異義語」について解説します。

目次

  1. 同音異義語
  2. 同音異義語の意味とは
  3. 同音異義語を使った文章・例文

同音異義語

同音異義語」という言葉について解説します。

この「同音異義語」という言葉自体は、日常yではあまり使うことも見聞きすることもないと思いますが、

そう分類されている言葉というのは日常には沢山あります。

「同音異義語」は、漢字の通りの意味ではありますが、意味、使い方、同音異義語とされる言葉などを紹介していきますので、

ぜひ最後までご覧になって、一度整理しながら把握してみてください。

同音異義語の意味とは

同音異義語とは「発音が同じで、意味の違いがある言葉」という意味の言葉となっています。

同音=発音が同じ

異義語=意味が違う

と分けて考えると分かりやすいのではないでしょうか。

見た目が一緒で中身が違う。というイメージと同じようなものかもしれませんね。

様々な同音異義語

日本語には様々な同音異義語が存在しています。

ここではそのうちの代表的なものを紹介していきます。

同音異義語の一例を見ると、よりしっかりとどんなものなのか分かると思いますので、ぜひご覧ください。

  • 医師 意思 
  • 解答 解凍 回答
  • 機会 機械 器械
  • 後悔 公開 航海
  • 発酵 発行 発光 
などほんの僅か同音異義語を紹介しましたが、どういうものかはお分かりいただけたのではないでしょうか。

日本語は本当に沢山の同音異義語がありますが、これらの違いを無意識に使い分けているのは実は凄いことかもしれませんね。

同音異義語を使った文章・例文

  • 留学生のジョンは同音異義語すら使いこなすほど日本語が上手だ。
  • 同音異義語を全て覚えようとしても、おそらく無理ではないだろうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ