「童顔」とは?意味や使い方を解説!

「童顔」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「童顔」について解説します。

目次

  1. 童顔
  2. 童顔の意味とは
  3. 童顔を使った文章・例文

童顔

童顔」という言葉について解説します。

この言葉は現代では、テレビ、雑誌、日常生活など様々な場面で、かなり頻繁に見聞きする言葉かもしれません。

男女関わらず大人に対しての褒め言葉のように使われることもありますが、みなさんはこの言葉の意味はしっかりとご存知でしょうか。

ここでは、そんな「童顔」という言葉の意味や使い方を紹介していきますので、きちんと整理してみましょう。

ぜひご覧ください。
 

童顔の意味とは

童顔とは「子供の顔」「子供のような幼い顔つき」という意味の言葉となっています。

現代ではその他に「子供のような若々しい顔」といった意味でも使われているようです。

童顔=かわいい というような風潮があるので、褒め言葉として使うことがおおいのかもしれません。

しかし、若々しい、実際の歳よりも若く見える。といった意味で童顔という言葉を使うことも多いと思いますが、

裏を返せば「幼い」「貫禄がない」「子供っぽい」とも受け取られかねないので、使う際は少し注意が必要です。

童顔の特徴

童顔と呼ばれる顔の特徴として

  • 黒目がちな目(白目よりもくりっとした黒目が目立つ)
  • 丸顔
  • 肌のハリがある(皺が少ない)
  • 顔が小さい
  • 顔のパーツが小さい
といった特徴が挙げられるようです。

童顔を使った文章・例文

  • 童顔の彼女は二十歳を超えても、居酒屋で年齢確認をされている。
  • 実際の歳を聞いたらびっくりするほど、男では珍しいくらい童顔だ。
  • 童顔のせいで苦労することも沢山あると友達は嘆くけど、私は童顔になりたかった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ