「明日は明日の風が吹く」とは?意味や使い方を解説!

「明日は明日の風が吹く」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「明日は明日の風が吹く」について解説します。

目次

  1. 明日は明日の風が吹く
  2. 明日は明日の風が吹くの意味とは
  3. 明日は明日の風が吹くを使った文章・例文

明日は明日の風が吹く

明日は明日の風が吹く」という言葉をご存知でしょうか。

「上を向いて歩こう」のような歌謡曲風のフレーズのこの言葉。ポジティブなニュアンスがガンガンに伝わってきますが、どういう意味で生まれた言葉なのか知りたくなってきますよね。

ここではそんなついつい使ってみたくなるフレーズについて、意味や使い方、意外に知られていない語源についてなど、詳しくご紹介していきます。

明日は明日の風が吹くの意味とは

明日は明日の風が吹くの意味は、言葉の通り、「明日はきっと上手くいくから悩む必要はない」という意味や、「明日は違う風が吹くから」という意味合いで用いられます。

明日は違うことが起きるから今日の失敗をいつまでも思い悩むことなく進もうという意味を、明日は違う風が吹く、という表現で表している言葉です。他にも「なるようになる」や「明日になれば不安や心配も取り越し苦労に終わる」という意味など、主にポジティブな意味合いで広く用いられています。

古来より使われてきたことわざのように見えますが、語源はベストセラー小説「風と共に去りぬ」のセリフだとされており、そのフレーズが大流行したことによって一般に浸透したとされています。

明日は明日の風が吹くを使った文章・例文

  1. 本番でも同じ失敗をしたらどうしようという不安でいっぱいだったが、見事に取り越し苦労に終わり、明日は明日の風が吹くという言葉は伊達じゃないなと思った。
  2. 明日は明日の風が吹くという言葉を知ってからというもの、なるようになると思って物事に取り組めるようになった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ