「暑さ寒さも彼岸まで」とは?意味や使い方を解説!

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「暑さ寒さも彼岸まで」について解説します。

目次

  1. 暑さ寒さも彼岸まで
  2. 暑さ寒さも彼岸までの意味とは
  3. 暑さ寒さも彼岸までを使った文章・例文

暑さ寒さも彼岸まで

暑さ寒さも彼岸まで」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

早く厳しい暑さや耐えがたい寒さが過ぎ去ってほしいなと思っている時期に、どこからともなくこの言葉が聞こえてきたという経験がありませんか?

しかし、「そもそも彼岸っていつなんだろう?」や「え、彼岸って2回もあるの?」と疑問に思った方も多いはず。

ここではそんなに季節の言葉について、意味や日にちなど詳しくご紹介していきます。

暑さ寒さも彼岸までの意味とは

暑さ寒さも彼岸までとは、「夏の暑さも、冬の寒さも、彼岸を過ぎれば落ち着く」という意味になります。

彼岸は春分と秋分の真ん中の日にちを指します。春分は毎年3月下旬の21日から23日の3日間のうちのいずれかになりますが、一方で秋分は9月下旬頃から10月上旬にかけての2週間ほどの期間を指します。

夏の厳しい暑さは9月下旬頃からの秋分の期間を過ぎればだいぶ落ち着き、冬の耐えがたい寒さも3月下旬頃にある春分を過ぎれば暖かい気候に変わり始めることから言われるようになったとされています。

ただし、気候変動や南国と北国の間で彼岸の時期の気温差もあることから、全国で一斉に厳しい気温が落ち着きを見せることは少なくなってきています。

暑さ寒さも彼岸までを使った文章・例文

  1. 暑さ寒さも彼岸までという言葉通り、今年の異常な暑ささえ10月中ごろにはすっかりと涼しくなった。
  2. 母はよく暑さ寒さも彼岸までとは言うが、自分にとっては暑さだけは11月に入るまでは過ぎ去ってくれていない気がする。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ