サッカーで聞く「センタリング」とは?意味を解説します!

「センタリング」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「センタリング」について解説します。

目次

  1. センタリング
  2. センタリングの意味とは

センタリング

センタリング」という言葉の意味について解説します。

この「センタリング」という言葉は大きく分けて、3つの意味がありまます。

サッカーにおけるセンタリングは、別名クロスやクロスボールとも呼ばれ、耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

サッカー以外には、パソコン用語としての意味もあります。

それぞれの意味の違いについても解説するので、この機会に「センタリング」について詳しく知っていきましょう。

センタリングの意味とは

「センタリング」という言葉の意味は大きく分けて3つあります。

まず、サッカーにおけるセンタリングとは「フィールド左右のペナルティエリア付近から、ゴール前の味方選手に向かってロングキックを打つこと。クロスボールともいう。ゴール前で構えている味方選手は、センタリングされたボールをボレーシュートやヘディングによって得点を狙う。センタリングは、ペナルティーエリア内から行うこともある。」という意味になります。

続いて、パソコン用語としてのセンタリングとは「ワープロソフトなどで書類を作成する際、文字や絵を画面中央に揃えること。スペースやタブを使用し、文字や絵の位置を中央に揃えること。中央寄せ。中央揃え。」という意味になります。

そして、3つ目は「アーチを組む際に使用する木製の仮枠。」という意味になります。

このように、センタリングという言葉は、複数の意味があるため、それぞれの意味の違いを知っておくことが大切です。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ