「雨垂れ石を穿つ」とは?意味や使い方を解説!

「雨垂れ石を穿つ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「雨垂れ石を穿つ」について解説します。

目次

  1. 雨垂れ石を穿つ
  2. 雨垂れ石を穿つの意味とは
  3. 雨垂れ石を穿つを使った文章・例文

雨垂れ石を穿つ

雨垂れ石を穿つ」ということわざの意味や使い方について解説します。

この「雨垂れ石を穿つ」ということわざは、小さなことも根気よく継続することで成果を得られるといった意味を持ちます。

また、似たことわざに「点滴石を穿つ」や「塵も積もれば山となる」があります。

今回は、「塵も積もれば山となる」の意味についても合わせて解説するので、この機会に「雨垂れ石を穿つ」について詳しく知っていきましょう。

雨垂れ石を穿つの意味とは

雨垂れ石を穿つとは「どんなに小さなことでも根気よく継続することが大切。そうすることで最後には成果を得られることのたとえ。」という意味になります。

使い方としては、「雨垂れ石を穿つで、小さな仕事の積み重ねが信頼に繋がる。」といった表現になります。

ちなみに、雨垂れとは「雨のしずく」という意味で、穿つとは「穴を開ける」という意味を持ちます。

軒下から滴る雨のしずくでもずっど同じ場所へ落ち続ければ、石にも穴を開けることができるという意味が由来です。

また、似たことわざに「点滴石を穿つ」や「塵も積もれば山となる」があります。

塵も積もれば山となるとは「塵のような小さな存在でも時間をかけて積もれば山のようになるという意味から、小さなことも根気よく継続することで、大きな結果に繋がっていくというたとえ。」という意味になります。

「雨垂れ石を穿つ」と非常によく似たことわざなので、一緒に覚えておくと良いでしょう。

雨垂れ石を穿つを使った文章・例文

  1. 雨垂れ石を穿つで、目の前の小さな仕事をこつこつこなしていれば、大きな信頼に繋がる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ