「一矢を報いる」とは?意味や使い方を解説!

「一矢を報いる」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「一矢を報いる」について解説します。

目次

  1. 一矢を報いる
  2. 一矢を報いるの意味とは
  3. 一矢を報いるを使った文章・例文

一矢を報いる

一矢報いる」という言葉の意味や使い方、例文について解説します。

圧倒的な攻撃に対し、わずかに反撃や仕返しするという意味合いで使用され、スポーツ実況などでよく耳にする言葉です。

今回は、そんな「一矢報いる」について詳しく解説します。

一矢を報いるの意味とは

一矢を報いるとは「敵の攻撃に対し、矢を射返すことで応戦する。転じて、自分への攻撃や非難などに対し、反撃を加えて、わずかでも仕返しすること。」という意味になります。

この「一矢報いる」ということわざは、互角な戦いに際して使用するのは誤りになります。

語源が「敵の圧倒的な攻撃に対して、一本の矢を射返す。」となるため、現代に置き変えるとスポーツの試合などで、巻き返しのきかないような点差がついているときに、負けているチームがやっと1点を取ったというような場面で使用されます。

戦況が逆転することが不可能になっても戦意を喪失せず、諦めずに攻め続ける姿勢を評価する意味合いで使用することが多いです。

​​​​​​また、「一矢報いる」と似た言葉に、「焼石に水」という慣用句があります。

これは、「焼石に水をかけても蒸発するのみで意味がないことから、努力や援助などがわずかであるために、役に立たないこと。成果を上げることができないこと。」という意味になります。

この「焼石に水」という言葉もスポーツなどで、戦況が逆転し得ない状況で負けている方がやっと1点を取ったという場面で使用されることがあります。

しかし、「一矢報いる」が戦いぶりを評価する意味合いで使用するのに対し、「焼石に水」は、1点取っても勝つことは不可能だから意味がないという否定的な意味合いで使用するという違いがあります。

 

一矢を報いるを使った文章・例文

  1. 今回の試合は、圧倒的点差で勝負は決まったも同然だが、最後に一矢報いたい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ