「不器用」とは?意味や使い方を解説!

「不器用」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「不器用」について解説します。

目次

  1. 不器用
  2. 不器用の意味とは
  3. 不器用の使い方・例文

不器用

不器用(ぶきよう)」という言葉をご存知でしょうか?
日常でよく使われる言葉ですね。俳優・高倉健氏の「自分、不器用ですから」という台詞を思い出す方もいらっしゃるかもしれません。
というわけで今回は「不器用」について解説します。

不器用の意味とは

「不器用(ぶきよう)」とは、器用でないこと、細かい手先を使う作業が苦手なことを指す言葉です。
また、物事をうまく処理できないこと、要領が悪いさまを表します。高倉健氏の「不器用」はこちらの意味ですね。「不器用な生き方」とか「不器用な性格」などと云って使います。

不器用の類義語

「不器用」の類義語には、以下のようなものが挙げられます。

・ぶきっちょ
 【例文】どうにもぶきっちょで、昔から裁縫は大の苦手だ。
・ぎこちない
 【例文】手先がぎこちないせいで、いつも失敗ばかりする。
・不調法
 【例文】不調法なもので、満足なおもてなしもできず申し訳ない。
・手際が悪い
 【例文】仕事の手際が悪いせいか、いつも残業している。
・融通が利かない
 【例文】頑固で融通の利かない性格が仇となり、いまだに結婚できない。

不器用の対義語

「不器用」の対義語は「器用」です。他にも以下のような表現が用いられます。

・巧み
【例文】気の進まない彼女を言葉巧みに誘い出した。
・上手
【例文】坊主が屏風に上手に坊主の絵を描いた。
・要領がよい
【例文】彼のような要領がよい生き方は、私には到底真似できない。
・如才ない
【例文】エリートの彼の如才ない受け答えに舌を巻く。

不器用の使い方・例文

1.不器用でも、一生懸命でひたむきなあなたの姿を見ている人が必ずいます。
2.手先が不器用で、ボタンつけさえ満足にできないのに、ハンドメイドなんて無理。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ