「ピッチ」とは?意味や使い方を解説!

「ピッチ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ピッチ」について解説します。

目次

  1. ピッチ
  2. ピッチの意味とは
  3. ピッチの使い方・例文

ピッチ

皆さんは、「ピッチ(pitch)」という言葉をご存知でしょうか。

様々な業界で使われている言葉なので、見聞きしたことのある方がほとんどだと思います。

この記事では、「ピッチ」の意味を解説させていただきます。

ピッチの意味とは

「ピッチ(pitch)」とは以下のような意味があります。

  1. 同じことを続けて行う場合や、一定の間隔で繰り返して行う場合の速度や頻度、回数
  2. 野球において、ボールを投げること
  3. 歌などの音の高さ
  4. プロペラやスクリューが一回転した時に進む距離
  5. 登山において、休憩から休憩までの距離
  6. サッカーやホッケーなど、ラインに囲まれた競技場所
などの意味があります。

「ピッチを上げる」という言葉を聞いたことはありますか?

ピッチとは、簡単に言えば間隔という意味です。

その為、ピッチを上げればそれだけ物事を行う間隔は短くなり、全体の動きが早くなります。歌や音楽で言えば、速度が上がることにより音が高く聞こえるようになります。

また、ビジネス用語においての「ピッチ」はプレゼンと似た意味を持つ単語になります。プレゼンとの違いは、カジュアルさにあります。

プレゼンは多くの人を集めて行う仰々しいものですが、ピッチはプレゼンとは違いもっとカジュアルに、少人数に物事を説明することを言います。

ピッチの使い方・例文

ここで、「ピッチ(pitch)」を使った例文をご紹介します。

1.野球選手になる為、今日もピッチの練習に励もうと思う。
2.サッカーなど、ラインで囲まれた競技場所のことをピッチと言う。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ