「格言」とは?意味や使い方を解説!

「格言」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「格言」について解説します。

目次

  1. 格言
  2. 格言の意味とは
  3. 格言の意味とは

格言

格言」は我々の日常の中でもなじみ深いものですね。太古の昔に立派な人が言ったものから、現代に生きる人が発した言葉まで多くの「格言」が生まれてきています。

「格言」は日常的に聞いているものですが、座右の銘との違いなどは意外と知られていません。「格言」を聞く機会は多いですから、この機会に正しい意味や使い方を知っておいてくださいね。

この記事では「格言」の意味や使い方などを解説します。

格言の意味とは

「格言」とは「短い言葉で人生の真理や機微を伝え、万人にとっての戒めや教訓となるような言葉」です。

例えば「石の上にも三年」は代表的な格言ですね。
時代の変化に伴って使われなくなる格言もありますが、基本的には長く語り継がれるような内容のものが多いと言えるでしょう。

ことわざがそのまま「格言」になっていることもあります。
しかし、ことわざには戒めや教訓が含まれないものも多くあるので、それらは「格言」とは呼べません。

また座右の銘は、個人が常に意識して自分を戒める言葉です。
そのため「格言」が座右の銘になることは非常に多いと言えるでしょう。

>

格言の意味とは

  1. これまでに数多くの格言が生まれては消えてきた。普遍的な格言は時代に流されずに語り継がれてきたが、最近では時代の変化が早すぎて格言の存在にも影響を与えている。
  2. 格言に含まれる教訓は、ビジネスに生かせるものばかりだ。
  3. どんな格言にどのタイミングで触れてきたかで、その人の人生の豊かさが変わることもある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ