「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」とは?意味や使い方を解説!

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」について解説します。

目次

  1. 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥
  2. 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥の意味とは
  3. 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥を使った文章・例文

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」という言葉について解説します。

この言葉は、国語の授業はもちろんですが、子供の頃に親や目上の人に教えてもらったことがあるといった方は多いのではないでしょうか。

大人になってから誰かに言われるということはあまりないと思うので、懐かしさすら感じさせる言葉ですが、

ここで一度意味や使い方を振り返って整理しなおしてみてはいかがでしょうか。

ぜひ最後までご覧になってきちんと把握してみてください。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥の意味とは

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥とは、「知らないことは恥をしのんでも積極的に聞いた方が良い」という意味のことわざとなっています。

もう少し解説すると、

知らないことを聞くのは無知をさらすようで恥ずかしいかもしれないが、変なプライドは捨ててそこで聞いておかないと一生知らないままで過ごすことになる。そのことの方がよほど恥ずかしいことで、愚か者がすることである。

知らないことを恥じたり知ったかぶりするよりも素直に学んだ方が良い。

といった意味のことわざです。

人間にありがちな、知ったかぶりや変なプライドを持つことは愚か者がすることであり、無知であることを認めることは恥ずかしいことではない。という先人のありがたい言葉ではないでしょうか。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥を使った文章・例文

  • お爺ちゃんが優しく教えてくれた「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」という言葉を肝に銘じて生きている。
  • 「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」というが、そうは言っても一回りも下の人間に教えを請うのは気が引ける。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ