「阿鼻叫喚」とは?意味や使い方を解説!

「阿鼻叫喚」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「阿鼻叫喚」について解説します。

目次

  1. 阿鼻叫喚
  2. 阿鼻叫喚の意味とは
  3. 阿鼻叫喚の使い方・例文

阿鼻叫喚

阿鼻叫喚(あびきょうかん)」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「阿鼻叫喚」とは、地獄のような様子を例えて使用する言葉です。

惨状を伝える際に使用することが多いため、ニュースや新聞などで目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな「阿鼻叫喚」について詳しく解説するので、この機会にしっかりと理解していきましょう。

阿鼻叫喚の意味とは

阿鼻叫喚という言葉の意味は、大きく分けて2つあります。

読み方は「あびきょうかん」となります。

まず、1つ目の意味は「仏語。阿鼻地獄と叫喚地獄を掛け合わせた言葉。地獄に落ちた者がさまざまな責め苦に耐えられず泣き叫ぶ様子。」となります。

次に、2つ目の意味は「悲惨な状態に陥って混乱し泣き叫ぶ、とても惨たらしい様子。」となります。

使い方としては「戦場は阿鼻叫喚の図であった。」といった表現が一般的です。

また、阿鼻叫喚という熟語を分けて解説すると、阿鼻が「阿鼻旨を略した言葉。無断なく。仏教における八地獄のひとつ。地下の最も深い部分にある最悪の地獄。火の車や剣の山などにおいて永遠と苦しみを受ける所。」という意味になります。

続いて、叫喚とは「大声を出して泣き喚くこと。叫喚地獄を略した言葉。」という意味になります。

阿鼻叫喚の使い方・例文

  1. 事故現場の様子は、まさに阿鼻叫喚の図であった。
  2. 戦争を経験した祖父は、戦場の様子を阿鼻叫喚と例えていた。
  3. 地獄の人々の阿鼻叫喚の様子は、たとえでも恐ろしすぎる。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ