「儚い」とは?意味や使い方を解説!

「儚い」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「儚い」について解説します。

目次

  1. 儚い
  2. 儚いの意味とは
  3. 儚いの使い方・例文

儚い

儚い(はかない)」という言葉の意味や使い方について解説します。

この儚いという言葉には複数の意味があり、それぞれの意味のニュアンスが似ているため、使い分けには注意が必要です。

一般的には、「もろく長続きしない。」という意味で使用されることが多いです。

今回は、そんな儚いについて詳しく解説するので、この機会にしっかりと理解していきましょう。

儚いの意味とは

儚い(果敢ない)という言葉の意味は大きく分けて6つあります。

まず、読み方は「はかない」となります。

1つ目の意味は「消滅しやすい。もろく、長続きしない。」となります。

使い方としては、「人生は儚い。」や「儚い命。」といった表現が一般的です。

次に、2つ目の意味は「不確定であって、あてにならいこと。実現が難しいこと。」となります。

使い方としては「儚い希望を持ってしまった。」というような表現が一般的です。

続いて、3つ目の意味は「何のし甲斐もない。無益であること。」となります。

続いて、4つ目の意味は「大したものではないこと。これといって取り立てるまでのことではないこと。」となります。

続いて、5つ目の意味は「思慮や分別が不十分で愚かであること。」となります。

そして、6つ目の意味は「みすぼらしく卑しいこと。」となります。

このように、「儚い」という言葉には複数の意味があるため、使い分けには注意が必要です。

儚いの使い方・例文

  1. 人の命は儚く、尊いものである。
  2. 祖父は亡くなる間際に、儚い人生だったなと言っていた。
  3. 儚く短い人生を大切に生きなければならない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ