「折を見て」とは?意味や使い方を解説!

「折を見て」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「折を見て」について解説します。

目次

  1. 折を見て
  2. 折を見ての意味とは
  3. 折を見てを使った文章・例文

折を見て

皆さんは、「折を見て(おりをみて)」という言葉をご存知でしょうか。
ビジネスの場などでよく使われる言葉なので、見聞きしたことのある方がほとんどだと思います。

この記事では、「折を見て」の意味を解説させていただきます。

折を見ての意味とは

「折を見て(おりをみて)」とは、「都合の良い時」や「都合が付けば」という意味です。
ビジネスの現場などで「折を見て連絡します」と言うことや言われることがあると思います。この場合は、「都合が良い時にまた連絡をします」という意味です。「タイミングを見計らって連絡します」という意味ではないので注意が必要です。
「折を見て連絡する」という言葉には、都合が良い時に連絡をする、都合がついたら連絡をするという意味であり、同時に「都合がつかない場合は連絡をしない」という負の意味も持ちます。最近では「タイミングを見計らって連絡する」という意味で使われることも多いので、相手がどちらの意味で使っているか見分けるのが肝心です。
また、「その折は」という言葉があります。「その折はありがとうございました」などで使ったことのある方も多いと思います。「その折」は、面会など直接会った際によく使われる単語です。

>

折を見てを使った文章・例文

ここで、「折を見て(おりをみて)」を使った例文をご紹介します。

1.先日の企画内容についてですが、折を見て連絡をさせていただきます。
2.折を見てこちらからお伺い致します。
3.折を見て連絡を致しますので、少々お待ちください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ