「マイグレーション」とは?意味や使い方を解説!

「マイグレーション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「マイグレーション」について解説します。

目次

  1. マイグレーション
  2. マイグレーションの意味とは
  3. マイグレーションを使った文章・例文

マイグレーション

マイグレーション」という言葉は、ITに詳しい人やシステム関係の仕事に就いている人にはなじみのある言葉ですが、聞いたことがない人が多いと思います。

「マイグレーション」は日常で使われる機会が少ない言葉ですが、ビジネスの現場では今後聞く機会が増えることも予想されるので、この機会に知っておいてくださいね。

この記事では「マイグレーション」の意味や使い方などを解説します。

マイグレーションの意味とは

「マイグレーション」とは「システムなどの移行」です。主に基幹システムをプラットフォームに移行することや、OSなどの環境を違うシステムへ移行することを指す言葉です。

「マイグレーション」ではいったん、元のシステムからデータなどを取り出して移動させることになります。この際、手作業だとミスが起こる可能性が高いため、専用のツールを使って移動させる場合が多いです。

また、「マイグレーション」にはやり方によって種類があり、メインフレームを使った古いシステムから、オープン系のシステムに移行する場合にはレガシーマイグレーションと呼ばれます。

>

マイグレーションを使った文章・例文

  1. 今回のマイグレーションでは、プラットフォームを変えることになるので全社員にどのような変化が予想されるかを丁寧に説明する必要がある。
  2. マイグレーションすることで、長い間使っていたOS環境から新しい環境に変わる。慣れるまでは様々なトラブルが起きることが予想させるが都度対応していくしかないだろう。
  3. レガシーマイグレーションを行うことで機能のアップデートができるので、自社の利益の増大も見込める。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ