「為せば成る」とは?意味や使い方を解説!

「為せば成る」ということわざを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この記事では「為せば成る」の意味や使い方を解説していきます。また、類語もあわせてご紹介します。

目次

  1. 為せば成る
  2. 為せば成るの意味とは
  3. 為せば成るの類語
  4. 為せば成るを使った文章・使い方

為せば成る

為せば成る(なせばなる)」という言葉の意味について解説します。

誰でもが一度は聞いたことのある、江戸時代米沢藩主・上杉鷹山(うえすぎようざん)の「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」はあまりにも有名な歌です。

皆様はこの為せば成るという言葉の意味をご存知でしょうか。この機会に意味を理解してみましょう。

 

為せば成るの意味とは

為せば成るの意味は「どんなことでも強い意志をもってやれば必ず成就するということ」「やらなければできない・やればできる」となります。
読み方は「なせばなる」です。

為すは動作や行動をするという意味で、成るはできるという意味です。

鷹山の名言の意味はやろうと思えば何でも出来ます。できないのはやろうと思わないからです。やろうとすることは他人の為ではなく、自分の為なのです。今でもとても心に響く言葉です。

武田信玄もよく似た歌を詠んでます。
「為せば成る、為さねば成らぬ。成る業を成らぬと捨つる人の儚さ」

 

為せば成るの類語

「蟻の思いも天に届く」、「石に立つ矢」、「一念岩をも通す」、「一念天に通ず」、「思う念力岩をも通す」、「志ある者は事竟に成る」、「成功は精神の別名なり」、「精神一到何事か成らざらん」、「蚤の息さえ天に昇る」などありますが、強い信念や志があればどんな事でも出来てしまうということです。


 

為せば成るを使った文章・使い方

  1. 最初から諦めることなく、強い思いを持っていれば出来る。為せば成るだよ。
  2. 為せば成る、為さねばならぬ何事もと日々思っていれば、夢に近づく。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ