「ミーハー」とは?意味や使い方を解説!

「ミーハー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ミーハー」について解説します。

目次

  1. ミーハー
  2. ミーハーの意味とは
  3. ミーハーの使い方・例文

ミーハー

ミーハー」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

何かに熱狂している時に、両親や知人から「あんたミーハーだもんね」という言葉を投げかけられた経験はないでしょうか。

いい意味の言葉なのか、それとも悪い意味の言葉なのか分からなかったという方も多いのではないでしょうか。

ここではそんな「ミーハー」について意味や使い方などをご紹介していきます。

ミーハーの意味とは

ミーハーとは、「元々興味がないものでも、世間的なブームとなれば一緒になって熱中すること」を意味します。

普段は全く興味がないのに、サッカーのワールドカップやオリンピックなどの大きな大会や試合の時だけ熱中することなどを。悪い意味だけの言葉とされますが、世間的な注目を集めているものにしっかりと、好奇心が強いことを言い換えた、いい意味の言葉としても捉えられています。

表面的なファンであることを指す「〇〇かぶれ」などの言い換えとして用いられます。

ミーハーの語源

語源についてはいくつかの説があります。

・1927年にデザートのみつまめと俳優の林長次郎に熱中する女性が多く、それぞれ頭文字の「み」と「は」を取り、そうした女性たちのことをミーハーと呼ぶようになったという説。

・「み」と「は」から始まる名前が多かったことを意味する「みいちゃんはあちゃん」の略とする説。

などが有力だとされています。

ミーハーの使い方・例文

  1. ミーハーな母は、ワールドカップの時だけサッカー好きに豹変する。
  2. ミーハー根性を揶揄されることは多いが、これは好奇心が強い証拠だと、いい意味に考えるようにしている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ