「一線を画す」とは?意味や使い方を解説!

「一線を画す」ということわざを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この記事では「一線を画す」の意味や使い方を解説していきます。

目次

  1. 一線を画す
  2. 一線を画すの意味とは
  3. 一線を画すを使った文章・使い方

一線を画す

一線を画す(いっせんをかくす)」という言葉の意味について解説します。

明らかに他との違いを強調したい、線を引きたい時に「一線を画す」と言いますが、強く主張したい時などに使われます。皆様は一線を画すという言葉の意味をご存知でしょうか。この機会に意味を理解してみましょう。



 

一線を画すの意味とは

一線を画すの意味は「境界線を引き、区切りをはっきりさせる」「違いが明確であること」となります。
読み方は「いっせんをかくす」です。

曖昧さをなくし、一線は境界線、区切り、けじめという意味を持ち、画すは計画する、区切る、区別するの意味があります。境目をはっきりさせたい、線の向こう側とはまるで違うと言いたい時など。他とは違うでしょうという言葉より一線を画すと言われたら、より違いを強調しています。

一線を画するとも言ったりします。

類語として合理的に反対するや制限を設けるという意で、限定を定める・けじめを付ける・境界を定めるがあり、心に隔たりがあって打ち解けないことの意で、隔意をもつ・距離がある・壁があるがあります。

英語でdraw a line between といいます。間に線を引くとなり直訳です。また、明確に区別するの場合はmake a clear distinction betweenといいます。

 

一線を画すを使った文章・使い方

「一線を画す」を使用した例文を紹介します。

  1. この案件については、部長と一線を画している。
  2. 彼の演奏は他と一線を画している。
  3. これまでの商品とは一線を画す機能が付いている。
  4. 他の企業とは一線を画すようなアイディアが欲しい。
  5. あのレシピは明らかに一線を画していた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ