「先んずれば人を制す」とは?意味や使い方を解説!

「先んずれば人を制す」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「先んずれば人を制す」について解説します。

目次

  1. 先んずれば人を制す
  2. 先んずれば人を制すの意味とは
  3. 先んずれば人を制すを使った文章・例文

先んずれば人を制す

先んずれば人を制す」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「先んずれば人を制す」という言葉は、難しい言い回しであるため、日常生活などではあまり使用する機会が少ないです。

「先人より先手に立って物事を行うことで、有利な立場に立てる」といった意味を持ちます。

また、反対の意味を表す言葉に「急いでは事を仕損じる」があります。

今回は、急いでは事を仕損じるについても解説するので、この機会に「先んずれば人を制す」について詳しく知っていきましょう。

先んずれば人を制すの意味とは

先んずれば人を制すとは「物事は先人より先手にまわって行うことで、有利な立場に立つことができること。」という意味を持ちます。

先んずるとは「先にするが音変化した語。他の人よりも先に進むこと。先に何かをすること。」という意味になります。

そして、制すとは「人の行動や気持ちを押しとどめる。自分のものにすること。制定すること。」といった意味を持ちます。

先んずれば人を制すという言葉の場合は、自分のものにするといった意味合いが近いでしょう。

また、先んずれば人を制すとは相対的な意味の言葉に「急いでは事を仕損じる」があります。

これは「物事は急いで行うと失敗することが多いため、そのような場面ほど落ち着いて行動せよという戒め。」という意味を持ちます。

先んずれば人を制すを使った文章・例文

  1. 僕は、男性からもてる女性を好きになってしまったので、先んずれば人を制すで、他の男性よりも先にという思いですぐデートに誘った。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ