「ニュアンス」とは?意味や使い方を解説!

「ニュアンス」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ニュアンス」について解説します。

目次

  1. ニュアンス
  2. ニュアンスの意味とは
  3. ニュアンスの使い方・例文

ニュアンス

皆さんは、「ニュアンス(nuance)」という言葉をご存知でしょうか。

「ニュアンスの違い」など様々な場面で使われる単語なので、見聞きしたことのある方がほとんどだと思います。

この記事では、「ニュアンス」の意味を解説させていただきます。

ニュアンスの意味とは

「ニュアンス(nuance)」とは、「言葉に含まれる微妙な意味合い」や「言葉の外で受け止められる話し手の意図」「色彩などの微妙な差異」という意味のあるフランス語です。

ニュアンスという言葉は日常でもよく使われていますが、「微妙な違い」といった意味です。

その為、聞き手と話し手の感覚や判断によって全く意味合いが変わることもあります。曖昧な表現ではありますが、微妙な意味合いを表現する為に無くてはならない言葉です。

情報を正確に伝えるのが難しい際など、ニュアンスという言葉はよく使われます。
「上手く説明できないので補完してください」といった意味合いで使われることもあります。

話し手の使う言葉のニュアンスと聞き手の受け取った言葉のニュアンスが違うことは日常でも多々あるので、会話の際などは注意が必要です。

ニュアンスの使い方・例文

ここで、「ニュアンス(nuance)」を使った例文をご紹介します。

1.ニュアンスの違いを上手く伝えられず歯がゆい思いをする。
2.この絵画に使われている色のニュアンスが好きなのに、上手く言葉にできない。
3.大まかなイメージは合っているが、細部のニュアンスが違うのでもう少しデザインを変更して欲しい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ