「君子は豹変す」とは?意味や使い方を解説!

「君子は豹変す」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「君子は豹変す」について解説します。

目次

  1. 君子は豹変す
  2. 君子は豹変すの意味とは
  3. 君子は豹変すを使った文章・例文

君子は豹変す

皆さんは、「君子は豹変す(くんしはひょうへんす)」という言葉をご存知でしょうか。
慣用句の一つなので、見聞きしたことのある方も多くいらっしゃると思います。

この記事では、「君子は豹変す」の意味を解説させていただきます。

君子は豹変すの意味とは

「君子は豹変す(くんしはひょうへんす)」とは、「徳の高い立派な人物は、過ちに気付けばすぐにそれを改め正しい道に戻る」「状況に合わせて態度や考えを急に変える」という意味です。
君子とは教養のある徳の高い人物を指します。知識や教養を持った人は、自分の間違いに気づけばすぐにそれを改めて正しい道に戻ることができます。また、状況に合わせて態度や考えを変えることで自分を守ることができます。
現代では「変わり身が早い」「本性を現す」などの否定的な意味で使われることが増えていますが、本来は教養のある人が自分や仲間を守る為に考えを変えたり、自分の過ちを認めて正すことができるという良い意味の言葉でした。

君子は豹変すを使った文章・例文

ここで、「君子は豹変す(くんしはひょうへんす)」を使った例文をご紹介します。

1.君子は豹変すと言うものだが、彼の変わり身の早さにはただただ驚くばかりだ。
2.君子は豹変すというのは、過ちを認めて正すという意味だ。本性を現し迷惑をかける人のことを君子とは言わない。
3.彼はいつも自信に満ちているが、自分の過ちを素直に認めてすぐに反省することができる。君子は豹変すとは正にこのことだ。
4.彼女は状況に応じてすぐに態度を変えることができる。君子は豹変すとは、彼女のような人を言うのだろう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ