「ギャップ」とは?意味や使い方を解説!

「ギャップ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ギャップ」について解説します。

目次

  1. ギャップ
  2. ギャップの意味とは
  3. ギャップの使い方・例文

ギャップ

ギャップ」という言葉をご存知でしょうか?

よくジェネレーションギャップなどと使われることが多い言葉ですが、その正確な意味を知っている方は少ないのではないでしょうか?

また、Tシャツやトレーナーに「Gap」(ギャップ)とロゴが描かれているのを見かけたことがある方も多いかと思います。

今回は「ギャップ」について解説します。

ギャップの意味とは

「ギャップ」とは、英語で「gap・割れ目、隙き間」という意味の外来語です。また、大きな隔たりや食い違いがあることを意味する単語です。

よく使われる「ジェネレーションギャップ」とは、日本語で言うと「世代間の隔たり」ということになります。

年齢に差があると、流行や好みに大きな差が出ます。また、年長者と若者との間には考え方に大きな違いが出ます。そういった価値観の違いなどをジェネレーションギャップと呼びます。

ギャップ萌え

「ジェネレーションギャップ」では、価値観の違いが年長者と若者の双方に違和感をもたらしますが、その違和感に「キュンとくる」のが「ギャップ萌え」といわれるものです。意外性萌えとも言います。

例えば、普段眼鏡をかけている女の子が、ふとした拍子に眼鏡を外すと可愛いというのがギャップ萌えの古典的な例です。

いわゆる眼鏡っ娘(めがねっこ)萌え。他にも、しっかりしている委員長タイプの子がたまに見せるドジ、などもギャップ萌えのひとつです。
また、見た目がゴツいのに乙女思考の男子などもギャップ萌えのひとつの例になります。

Gap

「Gap」とは、アメリカの衣料品チェーン店の名前です。カリフォルニア州サンフランシスコに本社があり、日本でもたくさんの店舗を展開しています。

ギャップの使い方・例文

1.部長と新入社員の会話がかみ合わな過ぎて笑える。これぞジェネレーションギャップってやつだな。
2.ギャップの子供服は、ファストファッションよりも耐久性がいいからリピート買いしている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ