「メンター」とは?意味や使い方を解説!

「メンター」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「メンター」について解説します。

目次

  1. メンター
  2. メンターの意味とは
  3. メンターの使い方・例文

メンター

メンター」という言葉があります。

日常生活では触れる機会がほとんどありませんが、職場によっては「メンター」の名前がついた制度を導入している企業もあるなど、広く使われている言葉になります。

またこの言葉の意味を知らない人でも、自らのメンターを持っていることが多いとされています。ちなみに「メンタル」や「メンタリスト」とは全く違う意味合いになるます。

ここではそんな「メンター」について意味や使い方などを詳しくご紹介していきます。

メンターの意味とは

メンターとは、「仕事における指導者」や「人生の助言を与えてくれる立場の人」を指す言葉になります。

新入社員に会社に馴染んでもらうためや、早期退職などを防ぐため、業務のことから日常生活まで様々なことを指導・アドバイスする立場の人のことで、単なる先輩や上司などとは違い、そうした指導的業務を専門にこなす人のことを指します。

あるいは生き方についてなど、仕事とは関係ないプライベートなことについて広く助言やアドバイスをしてくれる人のことも指します。

メンター制度とOJT制度の違い

企業に導入されているメンター制度とOJT制度(On-the-Job-Training)との違いについても解説していきます。

メンター制度は前述したような「職場における専属の指導者をつける」制度のことで、直属の上司とは別の立場の人が担当するケースが多いのが特徴です。

一方OJT制度は、直属の上司や先輩が業務の指導を行うことを指します。

メンターの使い方・例文

  1. 若い力を維持するため、わが社もメンター制度を導入することにした。
  2. 友人のホームパーティーに参加したおかげで、素晴らしいメンターと出会うことが出来た。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ