「備えあれば憂いなし」とは?意味や使い方を解説!

「備えあれば憂いなし」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「備えあれば憂いなし」について解説します。

目次

  1. 備えあれば憂いなし
  2. 備えあれば憂いなしの意味とは
  3. 備えあれば憂いなしを使った文章・例文

備えあれば憂いなし

備えあれば憂いなし」ということわざの意味や使い方について解説します。

読み方は「そなえあればうれいなし」となります。

備えあれば憂いなしの中の「憂い」は、「患い」とも書きます。

「普段から準備をしていれば、いざというときに心配がない。」といった意味を持つことわざですが、皆さんはご存知でしょうか。

また、似たことわざに「転ばぬ先の杖」があります。

今回は「転ばぬ先の杖」についても解説するので、この機会に「備えあれば憂いなし」について詳しく知っていきましょう。

 

備えあれば憂いなしの意味とは

備えあれば憂いなしとは「普段から準備をして整っている状況であれば、いざというときに心配がない。どんなことが起きようとも案ずることはない。常日頃からの準備が大切。」といった意味を持つことわざです。

殷の宰相傳説の言葉である「これ事を事とする乃ち其れ備え有り、備えあれば患い無し」が語源になります。

これ事を事とするとは「するべきことをしておく」という意味を持ちます。

また、備えあれば憂いなしということわざの中にある「憂い」は、「患い」と書くこともあります。

加えて、似たことわざに「転ばぬ先の杖」があります。

これは、「失敗をしないために、万が一の事態に備え、あらかじめ充分に準備をしておくことのたとえ。」という意味を持つことわざです。

どちらも似た意味も持つことわざなので、合わせて覚えておくと良いでしょう。

備えあれば憂いなしを使った文章・例文

  1. 備えあれば憂いなしで、未曾有の大災害のときは備蓄していた食料があって助かった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ