「ブラフ」とは?意味や使い方を解説!

「ブラフ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ブラフ」について解説します。

目次

  1. ブラフ
  2. ブラフの意味とは
  3. ブラフの使い方・例文

ブラフ

ブラフ」という言葉をご存知でしょうか?

何だか聞きなれない不思議な響きの言葉ですが、いったいどういう意味なのでしょうか。

今回は「ブラフ」について解説します。

ブラフの意味とは

「ブラフ」とは、英語で「bluff・人をだます、ハッタリをかける」という意味の外来語です。

もともとは、ポーカーなどで、手の内を強そうに見せかけて掛け金をつり上げることを「ブラフをかける」といいます。

ハッタリやこけおどしという意味合いで使われています。最近では、政治や経済のニュースなどで聞かれることも多くなりました。

ブラフの語源

ブラフ(bluff)は英語ですが、その語源は、意外なことにオランダ語にあります。

オランダ語で「自慢する」ことを「bluffen(ブルッフン)また「自慢」を「buff(ブルフ)」といいます。そこから派生して、英語のbluffになったようです。

英語では、bluffには、ハッタリという意味の他に、断崖・絶壁という意味や、ぶっきらぼうな・率直なという意味などがあります。

ブラフの類義語

「ブラフ」の類義語には以下のようなものが挙げられます。

・ハッタリをかます
 【例文】大人数のチンピラに囲まれて絶体絶命のピンチだったが、ハッタリをかまして逃げ出した。
デマを流す
 【例文】事実を隠すために、もっともらしいデマを流して世間の目をそらした。
・情報戦を仕掛ける
 【例文】政治とは情報を制した方が勝つのだ。先に情報戦を仕掛けるべきだ。
・虚勢を張る
 【例文】虚勢を張っていられるのも今のうちだ。いずれ化けの皮をはがしてやろう。

ブラフの使い方・例文

1.ブラフをかけたら、面白いようにこっちの思惑通りに動いたな。
2.ブラフをかけて強気の発言をくりかえし、有利に事を進めようとするのが、彼の手だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ