「ヴィラン」とは?意味や使い方を解説!

「ヴィラン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ヴィラン」について解説します。

目次

  1. ヴィラン
  2. ヴィランの意味とは
  3. ヴィランの使い方・例文

ヴィラン

皆さんは「ヴィラン」という言葉をご存知でしょうか。

アメコミ映画などをよく見る人にとってはおなじみの単語だと思われますが、具体的にはどういう意味かお判りでしょうか?

今回は「ヴィラン」という言葉について詳しく解説します。

ヴィランの意味とは

ヴィランとは「悪役」という意味です。
英語では「villan」と綴ります。

一般的に、物語の作中世界において悪しき存在であり、なおかつ主人公と敵対する存在であるというキャラクターを「ヴィラン」と呼びます。

すなわち、主人公が悪人であり正義側と敵対する存在である場合は、いずれの勢力も「ヴィラン」には該当しません。むしろ、主人公の方を皮肉を込めてヴィランと呼ぶ人もいます。

同じような意味の言葉に「ヒール」「ダークヒーロー」などがあります。

「ヒール」は、もともとはプロレスで悪役を演じるもののことを指す言葉でした。

パフォーマンスとしてラフプレーをする悪役レスラーが「ヒール」でしたが、広く悪役の意味で使われるようになりました。

「ヴィラン」よりは格下の悪役であるというイメージが強いです。

「ダークヒーロー」の意味はかなり幅が広いです。

正義側に属していながら人格に問題のある人物、法に反しながらも自らの正義を貫くいわゆる義賊のような人物など、「完全に手放しでほめられるわけではないヒーロー」といった意味合いです。

また、悪役でありながら優れた人格・信念の持ち主である場合も「ダークヒーロー」と呼ばれることもあります。

このように、「ダークヒーロー」とは解釈の広い言葉なのです。

ヴィランの使い方・例文

  1. 今回の映画のヴィランはとても魅力的だった。
  2. ディズニー映画はいつも勧善懲悪であり、登場する悪役はヴィランと呼ばれる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ