「みほとせ」とは?意味や使い方を解説!

「みほとせ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「みほとせ」について解説します。

目次

  1. みほとせ
  2. みほとせの意味とは
  3. みほとせの使い方・例文

みほとせ

みほとせ」という言葉は刀剣乱舞のファンの人は聞きなじみのある言葉かもしれませんが、それ以外の人は聞いたことがない人がほとんどではないでしょうか。

「みほとせ」は刀剣乱舞に興味のある人から話が出ることがあるかもしれませんし、雑学として面白いのでぜひ知っておいてくださいね。

この記事では「みほとせ」の意味や使い方などを解説します。

みほとせの意味とは

「みほとせ」は「三百年の読み方」です。二十歳をハタチ、三十歳をミソジなどと呼ぶように、三百を「みほ」と読むため、三百年は「みほとせ」となります。

しかし、「みほとせ」の読み方は一般的ではなく、この読み方を知っている人はほとんどいないと思われます。

「みほとせ」という言葉が知られるようになった背景には「刀剣乱舞」というゲームの流行があると言えるでしょう。
刀剣乱舞を原作にしてミュージカルも上演されており、その第三作にあたるのが「三百年(みほとせ)の子守唄」です。

そのため、刀剣乱舞のファンなら「みほとせ」という言葉にピンとくる可能性が高いですね。

みほとせの使い方・例文

  1. この前、刀剣乱舞のミュージカル「三百年(みほとせ)の子守歌」を見に行ったのだが、原作の世界観を生かしながらも独自のアレンジも加えてあってファンにはたまらない内容だった。
  2. 刀剣乱舞のミュージカル「三百年(みほとせ)の子守歌」が人気を博している。ミュージカル自体が好調なのはもちろんだが、ファンの間ではグッズなどの売れ行きも上々のようだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ