「図々しい」とは?意味や使い方を解説!

「図々しい」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「図々しい」について解説します。

目次

  1. 図々しい(ずうずうしい)
  2. 図々しいの意味とは
  3. 図々しいの使い方・例文

図々しい(ずうずうしい)

図々しい(ずうずうしい)」という言葉について解説します。

図々しいという言葉は、なかなか実際に使う場面はありませんが、ドラマのセリフなどではよく見かける言葉だと思います。

「あの人は本当に図々しい人ねぇ…」なんてひそひそ話するシーンなんかはなんとなくパっと頭に浮かぶのではないでしょうか。

この言葉の意味はみなさんなんとなくご存知かもしれませんが、ここで今一度整理してみてください。

図々しいという言葉の意味や使い方、例文を紹介していきますので、ぜひ最後までご覧になってみてください。

図々しいの意味とは

図々しいとは「人に迷惑をかけても平気でいる」「恥を知らない、ずぶとい」「厚かましい」という意味の言葉となります。

ということで、「図々しい人ねぇ…」というのは「ずぶとい人、厚かましい人ねぇ…」という意味合いになります。

あまりいい意味の言葉ではないので、使う際は注意が必要となりそうです。

また、親しい間柄でも油断すると「図々しい行動」をしてしまうことが誰しもあると思いますので、人からこの言葉を使われないようにも気をつけたいところですね。

図々しいの使い方・例文

  • プレゼントに文句をつける彼女の図々しさに、一瞬でドン引きした。
  • 彼のミスのせいでみんな残業をしているのに、みんなより先に帰る彼の図々しさにはあきれ果てた。
  • どうぞとも言っていないのに、図々しく人の家に上がり込んできた。
  • 横入りして平然としているのは、図々しいという言葉では足りない気がする。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ