「相関図」とは?意味や使い方を解説!

「相関図」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「相関図」について解説します。

目次

  1. 相関図
  2. 相関図の意味とは
  3. 相関図の使い方・例文

相関図

ドラマや漫画などで、登場人物たちの関係を示すものとして「相関図(そうかんず)」が使われているのを見たことがあるかと思います。

しかし、「相関図」が示す相関関係とはそもそもどういう意味なのか、人に説明するのは意外に難しかったりしますよね。

また、本来は登場人物の関係を表すものではなく、ある分野で用いられる図だというのはご存知無い方も多いのではないでしょうか。

ここではそんな「相関図」について詳しく解説していきます。

相関図の意味とは

相関図(そうかんず)とは、数学における「2つの量の間の関係を示した図」のことを指します。

相関とは一方が増減することでもう一方も影響を受ける関係のことを指します。。つまり、身長と体重のように、互いに関係する2つの数値を並べることや、2つの数値を並べて相関系を示す図のことを意味します。

グラフにした際に、量を示す点が散布することから、散布図と呼ばれることもあります。また数学の他統計学などでも、データを比べる際に用いられます。

互いの関係を表すという意味から、ドラマや漫画など、登場人物たちの関係を分かりやすく図にしたものを指す言葉として使われるようになりました。

相関図の使い方・例文

  1. 中学の3年間で受けた全ての国語と英語のテストの点数を相関図にまとめて、相関関係を調べてみることにした。
  2. 物語を作る前に、登場人物たちの相関図を描いてから始めるといいと教わったが、描いてばかりで肝心の物語を書き始められなくなってしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ