「年の瀬」とは?意味や期間を解説!

「年の瀬」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「年の瀬」について解説します。

目次

  1. 年の瀬
  2. 年の瀬の意味とは
  3. 年の瀬の期間とは
  4. 年の瀬の使い方・例文

年の瀬

年の瀬(としのせ)」という言葉の意味や使い方にいて解説します。

読み方は「としのせ」となります。

よく「年の瀬は慌ただしい」や「年の瀬が迫る」といった使い方をします。

一般的に使われ、耳馴染みのある方も多い言葉ではないでしょうか。

今回は、そんな「年の瀬」について詳しく解説するので、この機会に深く知っていきましょう。

年の瀬の意味とは

年の瀬(としのせ)とは「その年が終わりを迎える時期。年の暮れの世間が慌ただしい時期。師走の慌ただしく忙しい時期。」という意味を持つ言葉です。

この「年の瀬」という言葉の中にある「瀬」とは「川の瀬」という意味を持ちます。

川の瀬とは、川の水位が低く流れが激しくなる部分のことを指します。

その川の瀬は、船でも渡ることが難しく、歩いて渡るのは命がけになることから、危機迫るような意味合いで「年の瀬」という言葉が使用されるようになりました。

加えて、語源は「ツケ払い」という説もあります。

昔、店の支払いを後回しにするツケが習慣化されていたとき、生活に困窮していた人々は年末にツケを支払うことで食物すら購入できなくなることも多かったそうです。

このことから年末は、生活が困窮するどころか命の危機であったため、危機迫るという意味合いで「年の瀬」という表現が使用されるようになりました。

年の瀬の期間とは

年の瀬は、具体的にいつからいつまでの期間を表すのかは、明確になっていません。

しかし、一般的に年の瀬というと、一年の締めくくりである12月の中旬以降を指すことが多いです。

年の瀬の使い方・例文

  1. 年の瀬の余裕がない時期にお金を借りにくるなんて非常識な人だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ