「よそよそしい」とは?意味や使い方を解説!

「よそよそしい」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「よそよそしい」について解説します。

目次

  1. よそよそしい
  2. よそよそしいの意味とは
  3. よそよそしいの使い方・例文

よそよそしい

よそよそしい」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「よそよそしい」という言葉は、日常生活でもビジネスの場でも使用されるため、耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

漢字では「余所余所しい」と書きます。

一般的には「他人行儀」といった意味で使用される言葉になります。

よく、「よそよそしい態度を取る」や「よそよそしげな様子」、「よそよそしさが残る」といった使い方をします。

よく使用する言葉なので、使い方を間違えて恥をかかないよう、正しい意味をしっかりと理解しておきましょう。

今回は、そんな「よそよそしい」について詳しく解説します。

よそよそしいの意味とは

「よそよそしい」という言葉の意味は大きく分けて2つあります。

まず、1つ目の意味は「見ず知らずの他人に接するかのように、まったく親しみを示さない態度であること。てがましく冷淡であること。他人行儀であること。」となります。

一般的には、この1つ目の意味で使用される場合がほとんどです。

使い方としては、「よそよそしい態度で接する」といった表現が一般的です。

そして、2つ目の意味は「無関係である。」となります。

ちなみに、よそよそしいは漢字で「余所余所しい」とも書きます。

また、派生形として「よそよそしげな態度」や「よそよそしさが残る」といった表現もあります。

よそよそしいの使い方・例文

  1. 彼は、好きな女の子によそよそしい態度を取られたことがショックで泣いていた。
  2. 付き合い始めの二人は、まだよそよそしさが残った様子で、見ていてじれったい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ