「出物腫れ物所嫌わず」とは?意味や使い方を解説!

「出物腫れ物所嫌わず」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「出物腫れ物所嫌わず」について解説します。

目次

  1. 出物腫れ物所嫌わず
  2. 出物腫れ物所嫌わずの意味とは
  3. 出物腫れ物所嫌わずを使った文章・例文

出物腫れ物所嫌わず

出物腫れ物所嫌わず」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「出物腫れ物所嫌わず」という言葉は、人前でおならが出てしまった際の言い訳などで用いられることがあります。

日常会話でも使用されることがある言葉なので、耳馴染みのある方もいるのではないでしょうか。

「おならやニキビは時や場所に関係なく出てしまうもの。」といった意味を持つ言葉です。

また、産気づくという意味でも用いられることがあります。

今回は、そんな「出物腫れ物所嫌わず」について、詳しく解説するので、この機会に深く知っていきましょう。

出物腫れ物所嫌わずの意味とは

出物腫れ物所嫌わずとは「屁や腫れ物、でき物などは場所や場合に関係なく出るものであるということ。また、大便や小便、出産という意味で用いられる。」という意味を持つ言葉です。

この中の「出物」とは、おならのことを指しますが、場合によっては大便や小便、鼻水、涙といった生理現象によって出る物を指すこともあります。

加えて、産気づくことを指す場合もあります。

また、腫れ物とは「体に出るおできやニキビ」などのことを指します。

以上のことから、出物も腫物も身体の内部にある物は、時間や場所も選ばずに出てくるものであって、出たからといって咎めることもできないという意味を持つ言葉になります。

多くの場合、おならをしてしまった際の言い訳などで用いられます。

出物腫れ物所嫌わずを使った文章・例文

  1. 出物腫れ物所嫌わずというから、おならをしてしまったからといってそんなに恥ずかしがることはないよ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ