「凡事徹底」とは?意味や使い方を解説!

「凡事徹底」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「凡事徹底」について解説します。

目次

  1. 凡事徹底
  2. 凡事徹底の意味とは
  3. 凡事徹底を使った文章・例文

凡事徹底

皆さんは「凡事徹底(ぼんじてってい)」という言葉をご存知でしょうか。

この言葉を最初に生み出したのは、株式会社イエローハットの創業者である鍵山秀三郎氏だと言われており、鍵山氏の自著のタイトルにもなっている言葉です。

今回は「凡事徹底」という言葉について詳しく解説します。

凡事徹底の意味とは

凡事徹底とは「なんでもないような当たり前の事を徹底的に行うこと」または「当たり前のことを他人の追随を許さないほど極めること」という意味です。
読み方は「ぼんじてってい」です。

何かを大成するのには才能が必要だという人もいますが、なんでもないようなことを極めるほどやりこむことで高みに到達することもできます。
スポーツなら筋トレなどの基礎練習を少しずつ、しかし毎日欠かさずやることを徹底することで、いつしか体力や筋力が向上して基礎力がしっかりと身につきます。その上で技能を磨けば、自然と上達する事でしょう。
他のジャンルでも当然「基礎を極める」大切さは同じです。

しかし、この「当たり前を徹底する」ことは意外に難しく、根気と精神力がなければすぐに三日坊主になってしまうでしょう。
自分はこうなりたいという目標をしっかりと立て、その目標を必ず達成できると信じて、あきらめることなく努力を積み重ね続けられる意志が不可欠なのです。

凡事徹底を使った文章・例文

  1. 途中からチームに入った私は、先輩たちについていくためにも凡事徹底に努めている。
  2. 挨拶や整理整頓などを凡事徹底していた同期の社員が昇進したと知らせが入った。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ