「ハイリスクハイリターン」とは?意味や使い方を解説!

「ハイリスクハイリターン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ハイリスクハイリターン」について解説します。

目次

  1. ハイリスクハイリターン
  2. ハイリスクハイリターンの意味とは
  3. ハイリスクハイリターンを使った文章・例文

ハイリスクハイリターン

皆さんは「ハイリスクハイリターン」という言葉をご存知でしょうか。

リスクは大きいがその分得るものも多い、というこの言葉、人生において大事な一言かもしれませんね。

今回は「ハイリスクハイリターン」という言葉について詳しく解説します。

ハイリスクハイリターンの意味とは

ハイリスクハイリターンとは「損失の危険性が高いが、その反面見返りも大きい」という意味です。

主に投資の世界でよく出てくる言葉です。

失敗すれば大きな損失を出してしまう危険があるものの、逆に成功すれば莫大な見返りが返ってくるというものです。

あるいは、最初からある程度大きな利益減少があるのはわかっているけれど、後で利益となって戻ってくるものも大きいという場合もあります。

投資家にとって「リスクが高いほどリターンの大きさも期待できる」というのは一般常識のようで、「大きく勝つために大きな痛手を自ら負う」ことが必要だとされています。

日本語のことわざでいうと「虎穴に入らずんば虎子を得ず」といったところでしょうか。

逆に、少ないリスクで大きな見返りを得ることを「ローリスクハイリターン」といいます。

これは「海老で鯛を釣る」だとか「棚から牡丹餅」のようなものです。

このような、一見するとこちらにメリットしかない投資話は、眉唾物として疑ってみるのが正しいかもしれません。

これらの言葉は、投資に限らず日常生活でも使える言葉です。

大きな成功を得るためには、状況次第で大きく損をするような賭けに出ることも必要でしょう。
リスクを恐れない挑戦が、大きな成功を生むのです。

ハイリスクハイリターンを使った文章・例文

  1. 状況によってはハイリスクハイリターンだ。慎重に計画を進めよう。
  2. ハイリスクハイリターンを恐れていては、何もできない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ