「機を見るに敏」とは?意味や使い方を解説!

「機を見るに敏」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「機を見るに敏」について解説します。

目次

  1. 機を見るに敏
  2. 機を見るに敏の意味とは
  3. 機を見るに敏を使った文章・例文

機を見るに敏

機を見るに敏(きをみるにびん)」という言葉は優秀なビジネスマンや成功者にとって必要な要素と言えるものを表した言葉で、ビジネスの場面などで聞くことがあるかもしれません。

「機を見るに敏」はことわざの中では聞く機会が多くないので、意味や使い方を詳しく知らない人も多いかもしれませんね。この機会に正しく知っておいてください。

この記事では「機を見るに敏」の意味や使い方などを解説します。

機を見るに敏の意味とは

「機を見るに敏」の読み方は「きをみるにびん」です。

「機を見るに敏」の意味は「いち早く好都合な状況をつかんで、的確に行動に移す様子」です。状況を冷静に見つめて見極める力と、いち早く行動に移す素早さの両方について表しています。

これはまさにビジネスマンやスポーツ選手などに求められる力ですね。好都合な状況を見極める力が必要なのはもちろんのこと、そこでまごつかずにすぐに行動に移す力も求められます。

「機を見るに敏」に似た意味の言葉には「当意即妙」があります。その場の状況に合わせて臨機応変に求められることができる器用さを表現した言葉です。「当意即妙」に動ける人も社会の中で成功していく素養があると言えるでしょう。

機を見るに敏を使った文章・例文

  1. 昨年の株の暴落時の彼の迅速な対応は、まさに「機を見るに敏」を地で行く動きだった。そのため、我が社の損害は最小限に抑えられたので彼には本当に感謝している。
  2. 機を見るに敏を座右の銘にしているが、実際に行動しようとすると腰が引けて結局動けないことが多いので自分が情けない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ