「不遜」とは?意味や使い方を解説!

「不遜」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「不遜」について解説します。

目次

  1. 不遜
  2. 不遜の意味とは
  3. 不遜の使い方・例文

不遜

不遜(ふそん)」という言葉について解説します。

この不遜という言葉はよく「不遜な態度」といった形で使われますが、皆さんも一度はこの言葉を見聞きしたことがあると思います。

他にも四字熟語で「傲岸不遜(ごうがんふそん)」といったものもありますが、では、この不遜とはどのような意味なのかはご存知でしょうか。

なんとなく知っているという方もいらっしゃるとは思いますが、ここで一度きっちりと意味や読み方、使い方を整理してみましょう。

ぜひ最後までご覧になって「不遜」という言葉についてきちんと把握してみてください。

不遜の意味とは

>

不遜(読み方・ふそん)とは「へりくだる気持ちがないこと」「思い上がっていること。また、そのさま」という意味の言葉となっています。

なので、不遜な態度といった場合は「相手に対して敬意がない態度」「ふてぶてしい態度」といった意味になります。

ざっくりというと「生意気な感じ」「態度がでかい人」といった感じでしょうか。

また、四字熟語の「傲岸不遜(ごうがんふそん)」の意味は「自分を偉い人と考えて、相手を見下した態度をとるさま」となります。

世の中にはたしかにこんな感じの人がいますが、そんな人と出会った時には悪口を言うよりもこの四字熟語を使った方がスマートかもしれませんね。

不遜の使い方・例文

  • 彼は言葉がきついせいか、不遜な人と誤解されがちだが嫌な人間ではない。
  • 彼の見るからに不遜な態度は、上司を不機嫌にさせるだけでなく部署内の空気も悪くする。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ