「利己的」とは?意味や使い方を解説!

「利己的」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「利己的」について解説します。

目次

  1. 利己的
  2. 利己的の意味とは
  3. 利己的を使った文章・例文

利己的

利己的(りこてき)」という言葉について解説します。

「あの人は利己的な人だから頼み事しても無駄だよ」といった感じで使われるこの「利己的」という言葉。

皆さんはこの言葉の意味はご存知でしょうか。

利己的の他にも利己主義なんて言葉もありますが、ここではそんな利己とは?そして利己的とは?といった視点で意味や使い方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、しっかりと整理してみてください。
 

利己的の意味とは

利己とは「自分の利益だけ考え、他人のことは顧みないこと」という意味の言葉となっています。

なので、利己的とは「自分の利益だけを追求しようとするさま」という意味の言葉となります。

おおまかにいうと「自分の得になることしか考えない」といったところでしょうか。

利己主義の意味も自分の利益を重視し、他人の利益を軽視、無視する考え方となっており、ほぼ同じといえそうです。

人は誰しもそういう一面は持っていますが、あまりにも他人のことを考えずに自分のことばかり考える人は利己的な人と評価されてしまうのかもしれませんね。

ちなみに、利己的の対義語は「利他的」で、利他的の意味は「自分のことよりも他人の利益になることを重んじること」となっています。

利己的、利他的どちらもほどほどが良いような気がしますね。

>

利己的を使った文章・例文

  • 超利己的な彼にはwin winの関係というものが本気で理解できないらしい。
  • 彼は利己的というよりも、他人が得するのが許せないというひねくれたタイプだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ