「具現化」とは?意味や使い方を解説!

「具現化」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「具現化」について解説します。

目次

  1. 具現化
  2. 具現化の意味とは
  3. 具現化の使い方・例文

具現化

具現化(ぐげんか)」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

ファンタジーものの漫画や映画などではよく登場する言葉ですが、ビジネスなどでも用いられることも多い言葉で、むしろ本来の意味はそうした日常生活で用いられる言葉ですので、意味をしっかり理解しておきたいですよね。

ここではそんな「具現化」について意味や使い方などをご紹介していきます。

具現化の意味とは

具現化(ぐげんか)とは、「目標を具体的に実現すること」を意味します。

大会優勝や、アイディアから商品を作り出すことなど、イメージしたことや目標に掲げたことを具体的に成し遂げることを指して広く具現化と表現します。

具現は抽象的なことを行動や計画に映すことを指すため、形がある物にする場合は具現化よりも「具象化」の方が正しいとされています。

アニメや漫画などでは、頭の中にあるものを物質として生み出す力のことを「具現化系の能力」などと表現され、大人気漫画の「HUNTER×HUNTER」に登場する「具現化系」が元になっているとされています。

具現化の使い方・例文

  1. アイディアをたくさん出したうえで、さらには具現化することにも長けた社員で、わが社に必要不可欠な人材だ。
  2. 甲子園出場という夢を具現化するためには、普通に練習しているだけでは絶対に不可能だ。
  3. イメージ通りの脚本を具象化することができた。
  4. 一番欲しい漫画の能力は何かと聞かれたら、迷わずハンターハンターの具現化系の能力と答えることにしている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ