「ふるさと納税」とは?意味や使い方を解説!

「ふるさと納税」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ふるさと納税」について解説します。

目次

  1. ふるさと納税
  2. ふるさと納税の意味とは
  3. ふるさと納税を使った文章・例文

ふるさと納税

ふるさと納税」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

テレビCMが流れたり特集が組まれたりと、制度の実施からわずかな期間で急速に社会的認知を得た言葉ですが、どういうものなのかしっかりと理解している人は意外に少ないのではないでしょうか。

また知っている人の仲にも、税金なのか寄附なのかも曖昧な方も多いかと思います。

ここではそんな「ふるさと納税」について、仕組みやメリット・デメリットなどを詳しくご紹介していきます。

ふるさと納税の意味とは

ふるさと納税とは、「自治体に寄附金を納めることができる制度」のことを指します。

納税と呼ばれていますが、実際には寄附になります。

寄附をすることによって、住民税などの税金が控除されたり、その土地の名産品が贈られてきたりと、様々な特典のある制度で、自治体によっては寄付金の使い道も指定出来たりと、自治体ごとに様々なふるさと納税制度が実施されています。

また「ふるさと」となっていますが、必ずしも住んでいる土地や親の地元等所縁のある場所である必要はなく、単純に応援したいと思う自治体に、寄付をすることで出来るとされています。

ふるさと納税を使った文章・例文

  1. 何もないと思っていた親の田舎が、ふるさと納税で盛り上がっていると聞いて驚いた。
  2. 名産品目当てでふるさと納税をはじめたが、寄付した額よりも明らかに豪華なものが届き、嬉しさより、むしろこれでいいのかという気分になってしまった。
  3. 自治体同士でふるさと納税の返礼品競争が起きてしまい、まるで企業のようだと辟易してしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ